鈴木のブログ

株取引の記録、思った事などを自由に書きます。

計算論的精神医学について

私は医学的知識が有りませんので誤った解釈、解説をしている可能性が有りますのでご了承ください。計算論的精神医学についてというタイトルですが精神医学に対する私の意見・偏見が有りますのでご注意ください。

 

計算論的精神医学という新たな医学分野が有るんですが私はこの分野に期待してます。数学や科学を用いて精神障害にアプローチ(診断・治療)していくという画期的な方法だと思います。

計算論的精神医学 - 脳科学辞典

 

従来の精神医学は医師の主観的な判断で診断・治療する事が多かったと思います

数学・神経科学の力を借りて患者の為になるよう精神医学が進化していくと私は考えています

 

因みに私は反精神医学寄りの人間です

 

理由は精神医学は(必ずでは有りませんが)5種類〜10種類の薬を処方する所謂、薬漬けとしか言いようが無い治療法をする事が有るからです。其れに鎖に繋いだり牢屋のように患者を部屋に閉じ込める人権侵害を行う事が有るからです。

私は薬漬けも人権侵害も容認出来ません、だからといって(患者によるが)刃物を持って暴れたりする人を野放しにする事にも反対です。薬漬けや人権侵害を行うからといって医療従事者に危害を加える事を容認する訳には行きません。ではどうすれば良いかというと計算論的精神医学というブログタイトルに有るこの分野に希望を見出したいです

脳・神経について理解出来る事が増えれば自ずと精神についても理解出来る事が増えて行くと思います

 

もし貴方が精神科に行ったり通ったりしなければ行けない時は医療費が一割負担になったりする事が有る自立支援医療制度を利用した方が良いと思います

自立支援医療申請用診断書を医師に貰ってから自治体に申請してみましょう

 

自立支援医療制度の概要

1 目的

 

自立支援医療制度は、心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。

2 対象者

  • 精神通院医療:精神保健福祉法第5条に規定する統合失調症などの精神疾患を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する者
  • 更生医療:身体障害者福祉法に基づき身体障害者手帳の交付を受けた者で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる者(18歳以上)
  • 育成医療:身体に障害を有する児童で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる者(18歳未満)

 

自立支援医療制度の概要 厚生労働省より引用

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/jiritsu/gaiyo.html

 

精神医療に携わる方々・精神病に苦しむ方々に光あれ

 

何故、私がこのブログを書いたかというと私は精神科に行った事が有るからです。とはいっても私は薬を処方されていませんし精神病と診断をされませんでしたが。

 

尚、これらの意見は私個人によって発言されたもので有って引用元に責任は有りません

 

計算論的精神医学についての参考文献はこちら

 

参考文献

5 .計算論的精神医学: 脳の数理モデルを用いて精神疾患の病態に迫る

                       
抄録:計算論的精神医学とは,脳における情報処理プロセスを数理モデルで表現することで神経・精神疾患の病態理解・治療法の開発を目指す,精神医学の比較的新しい研究領域である。高度な数理モデルを含む学際的知識が求められる分野ではあるが,その中でも臨床精神医学の知識は欠かせないと 考えられる。臨床経験をもち,精神医学における臨床疑問を理解する精神科医が積極的に参入し,領域がますます活性化することが期待される。

 

山下 祐一(敬称略)

特集  基礎研究で活躍する精神科医の魂は進化したのか?  5 .計算論的精神医学: 脳の数理モデルを用いて精神疾患の病態に迫る

日本生物学的精神医学会誌  2019 年 30 巻 3 号 p. 114-116  より引用

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsbpjjpp/30/3/30_114/_pdf/-char/ja

 

補足.下記の検索をしたら上記の論文が出て来ました

計算論的精神医学 論文

duckduckgo.com

 

ブログ冒頭に書きましたが精神医学に対する私の意見・偏見が多いですね、あまり為にならなくて申し訳ないです。ただ私が計算論的精神医学に希望を見出している事は理解して頂きたいです。

 

最後にもう一度言わせてください

精神医療に携わる方々・精神病に苦しむ方々に光あれ